*

良い点、悪い点

任意整理とは借金整理というふうに言われそれぞれの貸方へ借金の支払いを続けることを選ぶ借金整理の手順のことです。

 

実際としての手続きでは司法書士有資格者とか債務処理経験のある弁護士貸方と借り手の仲介役として相談し合い利息を定めている法律にかんがみて利息の引き直しを行ってもう一度計算しなおした元金にかかってくる利子を削った形で3年程度の期間をめどに返済する債務整理手順です。

 

任意での整理は警察といった公的機関が口出ししないのでこれ以外の選択肢と比較した場合、手続きを行ったときにおける不利になる点があまりなく処理自体も依頼人になにも負担にならないことからここから選択することをお勧めする手順だといえます。

 

さらに、債権者がサラ金といったような大変高額な借入金利だった場合は法律が許している利息に追加して返した借入金利分に関しては借入元金に充当できると考え借入金の元金それそのものを減らすことだって可能です。

 

ということから、サラ金のように法外な年利を取るところへ長期間返済し続けている場合には金利分を免除できる場合もあり10年以上続けて返しているケースでは元金そのものがクリアーになるようなこともあります。

 

債務の整理の良い点を挙げると、自己破産手続きと違って一部分の借金だけを整理することができますので他に連帯保証人が関係している借入を別として整理をしたい際や自動車ローン以外だけを整理したい際などにおいても使うことも可能になりますし、財産を放棄することは求められませんので、投資信託やマンションなどの財産を持っていて処分してしまいたくない場合などでも有用な債務整理の方法といえます。

 

手順を踏んでから返済する額と現実として可能な給与等の収入を検討して、返済の計画を立てられるようなら任意整理の手続きを取ることは問題ありませんが、破産宣告とは違って借金そのものが消えてしまうのではありませんので、お金の額が多いような場合は、現実には任意での整理の手続きを実行するのは容易ではないといえるでしょう。