*

現実には困難

特定調停というのも任意整理による処理と似ていておのおの貸方への借金の支払いを行うことを前置きとした債務の整理の方法のことです。

わかりやすくいうと裁判所が行う借金整理となります。

 

この特定調停という方法も任意整理による方法とほぼ同じく、自己破産手続きとは異なりある部分だけのお金だけをまとめることが可能なため、保証人がいる負債額を別として整理をする際や自動車ローン以外だけを処理したい場合なども活用することも可能ですし、財産を手放すことは要求されていないためクルマや土地などの資産を持っているけれど手放したくない場合でも選択肢になる借金整理の手続きです。

 

しかし、後々返済していく額と収入額を比較検討し、適度に完済が見通せるようならばこの特定調停による手続きで進めることは可能ですが破産と違って返済義務そのものがなくなるという意味ではありませんので、借りている合計がだいぶある場合においては、現実にはこの方法で選択肢を選ぶのは困難だということになります。

 

この方法だと裁判所が間に入ってくるので専門家にお願いしなくても不利になることはないという点や手続きのための費用を低くおさえられるというポイントは魅力的ですが、債権者それぞれのきびしい取り立てに本人が説明しなくてはいけないことに加え、裁判所に何度かおもむく手間を要するなどといった注意が必要な点もあります。

 

さらに、任意整理による処理と比べてのことですが調停が終わる段階で和解に達しない場合には金利をそのまま付けた計画で支払っていくことになることや結果的に貸方に対し払うお金が任意整理より割増しになることが多いなどといった留意点もあります。