*

2014年9月

忘れられないもの。

なぜか心に残っているものや出来事、味の記憶ってありませんか?

すごく衝撃的な映画とか、自分の結婚式とか、感動のフラッシュモブプロポーズとか、楽しかった思い出とかならわかるんですが、私の思い出はちょっとマニアックかもしれません。

とあるファミレスで食べたフォカッチャが忘れられないんです!

値段は100円もしなかったように記憶していますし、その時は店の中は学生や若者で混雑していて、お世辞にもいい雰囲気だったとは言えません。

でも、その時ふたりで食べたフォカッチャ。もう一度味わいたい、なぜか大切な思い出です。


参照:3.bp.blogspot.com/-H5zRoT5up8Q/UNO5smGWjZI/AAAAAAAAI0A/OH_4jGug-eg/s1600/omoide_title.png


日本橋の歯科でかかりつけを探すならここ

歯科は何かと行くことが多いところですよね。ちょっとした虫歯の治療もありますが、ホワイトニングや歯周病予防なども最近では人気が高くなっています。歯の矯正を行う人も増えていますね。値段的にもお手頃価格になってきたということが理由の1つに挙げられるでしょう。

 

日本橋 歯科はここで決まり

 

しかし、歯科は各々分野で分かれていることが多く、多くの内容を1つの歯科でクリアすることはできません。よって複数の歯科を利用することになるのです。できれば1つの歯科で全てを行いたいですよね。自分の口内のことであれあの先生が全部知ってくれている、そういった人がいると心強いです。いろんな診療に対応している歯科を見つけ、そこを常時利用するようにすると、そういった形が可能になりますね。


あぁ勘違い。パワーストーンって本当はこういうもの

今までパワーストーン的なものについていけませんでした。これにお祈りすれば全て上手くいくっていうような宗教じみたものだと思っていたので。でも、そうではなかったんですね。恋人が欲しい人や恋人と上手くいっていない人がすがるような思いで恋愛のストーンを買っても意味がないようです。パワーストーンが何とかしてくれるのではなく、頑張っている自分から出ているオーラをより強力にしてくれるようなものだそうな。パワーストーンに安心して自分磨きをしないような人には恋人はできませんよね。

 

パワーストーンをうまく活用する

 

だけど、自分磨きをしたり頑張っている素敵な人はキラキラ輝いていますよね。そのキラキラの補助をしてくれるのがパワーストーンのようです。キラキラがいつかいい恋を引き寄せてくれるんでしょうね。それなら納得できます。


耳元でささやきが聞こえる、気になるかに通販

頻繁に目にすると飽きてしまいますが、忘れた頃に目にして気になり続けているものってありますか。私は新聞の下半分に時々載っている、かに通販の広告がとても気になっています。新聞に載せるくらいだから詐欺とか怪しい会社ではなさそうだし、安心感がありますよね。でかでかと書かれている電話番号の誘惑に負けてしまいそうになります。いや、負けてもいいんだけどね。

 

かに通販を探してみよう

 

テレビショッピングとか見ていると何もかも便利そうで、しかも色々おまけもつけてくれていいなぁと思いつつ、重い腰を上げるのが面倒で結局頼んだことはないんですが(使わなかったら場所をとるし)、かには食べてしまえばなくなるしなぁと悪魔が耳元で囁き続けています。頼んでみようかね。


ウサギやクマを選ぶのとウィッグを選ぶのは変わらない

近くのショッピングモールにウィッグ屋さんができました。小さな子供が、マネキンが被っているウィッグを持ち上げているのを時々見かけます。まあ気になるでしょうね。髪の毛がずらっと並んでいるんですから。子供にはまだ使い道は分からないでしょうけど。いつぐらいになると、何に使うものか理解するようになるんでしょうね。

 

ウィッグ自然に慣れていこう

 

おもちゃ売り場に並ぶクマのぬいぐるみやウサギのぬいぐるみのように、たくさん並べられたウィッグ。クマにするかウサギにするか迷って選ぶように、金髪にするか茶髪にするか迷うウィッグ。大きくなっても、子供の頃とやってることはあまり変わりませんね。何にするか迷う時間って待つほうは大変だけど、本人は真剣なのも同じです。


現実には困難

特定調停というのも任意整理による処理と似ていておのおの貸方への借金の支払いを行うことを前置きとした債務の整理の方法のことです。

わかりやすくいうと裁判所が行う借金整理となります。

 

この特定調停という方法も任意整理による方法とほぼ同じく、自己破産手続きとは異なりある部分だけのお金だけをまとめることが可能なため、保証人がいる負債額を別として整理をする際や自動車ローン以外だけを処理したい場合なども活用することも可能ですし、財産を手放すことは要求されていないためクルマや土地などの資産を持っているけれど手放したくない場合でも選択肢になる借金整理の手続きです。

 

しかし、後々返済していく額と収入額を比較検討し、適度に完済が見通せるようならばこの特定調停による手続きで進めることは可能ですが破産と違って返済義務そのものがなくなるという意味ではありませんので、借りている合計がだいぶある場合においては、現実にはこの方法で選択肢を選ぶのは困難だということになります。

 

この方法だと裁判所が間に入ってくるので専門家にお願いしなくても不利になることはないという点や手続きのための費用を低くおさえられるというポイントは魅力的ですが、債権者それぞれのきびしい取り立てに本人が説明しなくてはいけないことに加え、裁判所に何度かおもむく手間を要するなどといった注意が必要な点もあります。

 

さらに、任意整理による処理と比べてのことですが調停が終わる段階で和解に達しない場合には金利をそのまま付けた計画で支払っていくことになることや結果的に貸方に対し払うお金が任意整理より割増しになることが多いなどといった留意点もあります。

 


良い点、悪い点

任意整理とは借金整理というふうに言われそれぞれの貸方へ借金の支払いを続けることを選ぶ借金整理の手順のことです。

 

実際としての手続きでは司法書士有資格者とか債務処理経験のある弁護士貸方と借り手の仲介役として相談し合い利息を定めている法律にかんがみて利息の引き直しを行ってもう一度計算しなおした元金にかかってくる利子を削った形で3年程度の期間をめどに返済する債務整理手順です。

 

任意での整理は警察といった公的機関が口出ししないのでこれ以外の選択肢と比較した場合、手続きを行ったときにおける不利になる点があまりなく処理自体も依頼人になにも負担にならないことからここから選択することをお勧めする手順だといえます。

 

さらに、債権者がサラ金といったような大変高額な借入金利だった場合は法律が許している利息に追加して返した借入金利分に関しては借入元金に充当できると考え借入金の元金それそのものを減らすことだって可能です。

 

ということから、サラ金のように法外な年利を取るところへ長期間返済し続けている場合には金利分を免除できる場合もあり10年以上続けて返しているケースでは元金そのものがクリアーになるようなこともあります。

 

債務の整理の良い点を挙げると、自己破産手続きと違って一部分の借金だけを整理することができますので他に連帯保証人が関係している借入を別として整理をしたい際や自動車ローン以外だけを整理したい際などにおいても使うことも可能になりますし、財産を放棄することは求められませんので、投資信託やマンションなどの財産を持っていて処分してしまいたくない場合などでも有用な債務整理の方法といえます。

 

手順を踏んでから返済する額と現実として可能な給与等の収入を検討して、返済の計画を立てられるようなら任意整理の手続きを取ることは問題ありませんが、破産宣告とは違って借金そのものが消えてしまうのではありませんので、お金の額が多いような場合は、現実には任意での整理の手続きを実行するのは容易ではないといえるでしょう。

 


結局は同じ

特定調停も任意整理による手続きと同じく、おのおの債権者に返金を行うことを前置きとした借金を整理する手順なのです。

 

わかりやすくいうならば裁判所が関係する借金整理といえます。

 

特定調停も任意整理による手続きとほぼ同じく破産申告と違い一部の借金だけを整理していくことが可能なため他に連帯保証人が付いている負債を別として整理をする際や住宅ローンの分以外で処理する場合などにおいてでも検討することもできますし、築き上げてきた財産を手放してしまう必要がないので株式や住宅などの資産を所有しているものの処分してしまいたくない場合にも有効な借金整理の方法になるでしょう。

 

しかし、これからの返済額と現実として可能な手取り額を比較しだいたい返済の計画を立てられるようならば特定調停の手続きを進めることは問題ありませんが、破産申告と異なり借金自体が消えてしまうという意味ではありませんので、元金の総量が巨額な状況では、選択肢を選ぶのは困難になると考えるのが無難でしょう。

 

さらに、特定調停による解決は公の機関が介入することになりますので専門家にゆだねなくても不利な立場に立たされるようなことはないということや手続きの諸費用を低くおさえられるという益はあるのですが、各債権者からの督促に対して債務者本人が対処する必要があることや、実際の裁判所にことあるごとに行くことが求められるなどの留意点もあります。

 

それから、任意整理による方法と比べてのことですが、最終段階でも和解に達しない際には求められている利息をそのまま付けた形で渡していかないといけない点や最終的に債権者へ返済するお金が任意による整理に対して高くなってしまう傾向にあるというような注意点もあります。